河川感潮域におけるモクズガニ Eriocheir japonica (de Haan) の着底場所と生育場所の環境条件 Environmental condition in the settlement area and nursery ground of the Japanese mitten crab Eriocheir japonica (de Haan) in the tidal river area

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

河川感潮域の上流部は,モクズガニのメガロパが着底して変態し,稚ガニがしばらく成長する場所であり,モクズガニ個体群の維持に極めて重要な場所である.そこでモクズガニのメガロパの着底と稚ガニの生息場所として好ましい環境を調べるため,福岡県福津市の西郷川感潮域の上流部で3タイプ(石被度25%,75%および石+ヨシ株75%)に被度を変えた人工芝マット(30cm×30cm×厚さ1.5cm)を沈め,カニの密度を比較し環境選好性を明らかにした.メガロパの着底は感潮域最上流部の流路直下にある,常に速い流れが存在する早瀬状の環境に集中する傾向があり,メガロパに正の走流性があることを示していた.このため河川感潮域に建設された堰と魚道はモクズガニの分布様式に大きな影響を与えることが明らかとなった.変態後の稚ガニは,成長とともに着底場所から周囲へ分散する傾向がみられた.ヨシ類の株がある場合は石のみに覆われている場合よりも密度は高く,ヨシ類の株が稚ガニの生育にとって重要であることが推察された.その効果は早瀬よりも平瀬や淵状の環境において顕著であった.また今回の実験により,人工芝マットを用いた方法はモクズガニ個体群調査に対して極めて有効であることが示された.

Upper tidal river area is very important for maintaining population of the Japanese mitten crab <I>Eriocheir japonica</I>, because megalopa larvae settle and metamorphose to the crab stage in this area. I investigated the preference of environmental condition of the megalopa and young crabs of <I>E. japonica</I> by the field experiment in this area. Artificial grass mats (30 cm × 30 cm × 1.5 cm) with three coverage types (stone 25%, stone 75% and stone + reed vegetation 75%) were set in 11 sites in the upper tidal river area of the Saigo River, Fukuoka Prefecture, Japan. Settlement of megalopa concentrated in the rapid flow area right below the fishway, suggesting the positive rheotaxis of megalopa. Thus it was presumed that presence of weir and fishway within tidal river area strongly influences the distribution pattern of young crabs. Young crabs after metamorphosis tended to disperse from the settlement area to the surroundings as they grew larger. Density of crabs was higher under the presence of reed vegetation in the flat flow or pool areas, suggesting that reed vegetation was useful for the nursery ground of young <I>E. japonica</I>. The present result also showed that the method using the artificial grass mats was effective for the survey of <I>E. japonica</I> population.

収録刊行物

  • 応用生態工学 = Ecology and civil engineering  

    応用生態工学 = Ecology and civil engineering 8(2), 133-146, 2006-01-30 

    Ecology and Civil Engineering Society

参考文献:  37件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021977588
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11528360
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13443755
  • NDL 記事登録ID
    7826553
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業) // ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B482
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ