ノースクリーク川と氾濫原の復元 : ミティゲーションを超えた湿地生態系の復元事業について North Creek and Floodplain Ecosystem Restoration : The wetland ecosystem restoration project that went beyond mitigation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

米国·ワシントン州ボーセル市における復元事業を報告した.この復元事業は新キャンパス建設に伴うミティゲーションがきっかけであったが,事業主であるワシントン州政府はミティゲーションの領域を越え,湿地生態系全体を復元する大規模な復元事業を実施することを決定した.湿地生態系の評価手法であるHGMアプローチが採用され,復元サイトに対応するリファレンスサイトが選定されて湿地機能が与えられた.そしてこれをもとに,影響評価,復元計画,モニタリングプランや不測事態措置の作成が行われた.復元計画ではリファレンスサイトを参考にして,新河川システムの設計や擬似倒流木の設置,植栽計画が検討された.建設工事は造成工事,植栽作業,雑草の制御から構成された.建設工事終了後,メンテナンスとモニタリングが復元計画に従って開始された.建設工事終了後,復元サイトの管理はワシントン大学に委譲され,ガイドラインを作成して復元サイトを管理し,教育や研究目的にも有効に利用している.

This report introduced the restoration project in the City of Bothell, Washington State, U. S. The construction of the new university campus in Bothell required mitigation. The Washington State Government, the proponent of the project, determined to restore the entire wetland ecosystem, which went beyond the mitigation. The hydrogeomorphic (HGM) approach to assessing wetland functions was applied to the project and the reference site was identified to define the wetland functions. The impact assessment, restoration design, monitoring protocol and contingency measures were developed based on the wetland functions. The restoration design was developed based on the wetland functions, and the new channel system design, placement of woody debris, and planting plan were determined. Construction was composed of grading, planting, and weed control. Maintenance and monitoring program based on the restoration design were undertaken after the construction. The University of Washington is responsible for the management of the restoration site after the construction. They developed guidelines to manage the site and utilize it for education, research, and nature study.

収録刊行物

  • 応用生態工学 = Ecology and civil engineering  

    応用生態工学 = Ecology and civil engineering 8(2), 157-164, 2006-01-30 

    Ecology and Civil Engineering Society

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021977654
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11528360
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13443755
  • NDL 記事登録ID
    7826581
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業) // ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B482
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ