サクラマスとイトウの生息適地モデルに基づいたダムの影響と保全地域の評価 The effects of damming on masu salmon and the Sakhalin taimen and the assessment of their conservation areas based on predictive habitat models

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1.生息適地モデルを使って以下の2つの解析を行った.1つは北海道におけるサクラマスの分布に与えるダムによる流域分断の影響解析であり,2つめはサクラマスやイトウなどサケ科魚類の保護を目的として北海道が設定した保護水面が,的確に彼らの生息適地をカバーしているかどうかを見極めるための評価解析である.<BR> 2.サクラマスの生息適地モデルには説明変数として標高,気温,降水量,積雪深,流域人口,流域面積,調査件数,調査年,ダム分断後の経過年数,調査地点の位置座標が選ばれた.<BR> 3.ダム上流側でのサクラマスの生息確率は分断後,約30年経過すると急激に低下していた.これは古い時代に建設されたダムの多くは魚道がない,あるいは魚道の機能が低いのに対し,近年のダムにはサクラマスに比較的有効な魚道が設置されていることを反映しているのかもしれない.建設後30年を経過するダムへの魚道の設置,改良が強く求められる.<BR> 4.ダムの影響を受けてサクラマスの生息確率が低下している地域が全道にパッチ状に数多く分布する.特に著しい影響を受けた地域は,日高山脈西部や石狩川上流部などである.<BR> 5.イトウの生息適地モデルには説明変数として標高,気温,降水量,積雪深,流域人口,流域面積,調査件数が選ばれた.<BR> 6.イトウの生息確率に対するダムの影響は検出されなかった.しかし,そもそもイトウの主な生息域である湿原や原野にはダム等の工作物がほとんど建設されていないため,その影響評価を行うことには無理がある.<BR> 7.保護水面32水系におけるサクラマスの生息確率は全道平均よりも有意に高い.さらに保全指標値で比べると,保護水面における水準の高さはいっそう際立つ.しかしイトウに関しては生息確率,保全指標値ともに保護水面での水準が高いという傾向は認められなかった.イトウ保護のためには既存の保全地域の対応では不十分であり,高密度に生息する地域(例えば宗谷地方)の重点的な保全が提示された.

Based on a predictive habitat modelling approach, we investigated 1) the effects of damming on the distribution of salmonids and 2) whether the existing conservation areas for the salmonids are appropriate and effective in protecting their habitats in Hokkaido. A habitat model for masu salmon, one of the most commercially important species, predicted that their occurrence probability declined sharply approximately 30 years after damming. Areas where the probability had significantly dropped due to damming were distributed throughout Hokkaido. A habitat model for the Sakhalin taimen, a salmonid categorized as an endangered species, on the other hand, did not indicate a significant effect of damming on their occurrence, mainly because the taimen inhabit areas with low elevations where dams have not been commonly built. Thirty-two stream systems designated as conservation areas for salmonids by the government of Hokkaido had significantly higher levels of both occurrence probability and conservation value for masu salmon than the other stream systems in the island, but that was not the case for the Sakhalin taimen, indicating an inappropriate placing of conservation areas for this species.

収録刊行物

  • 応用生態工学 = Ecology and civil engineering  

    応用生態工学 = Ecology and civil engineering 8(2), 233-244, 2006-01-30 

    Ecology and Civil Engineering Society

参考文献:  55件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021977879
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11528360
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13443755
  • NDL 記事登録ID
    7826685
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業) // ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B482
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ