河川の階層構造に着目したサクラマス幼魚の越冬環境 : 越冬環境を考慮した川づくりの提言 Winter habitat environment for juvenile masu salmon (Oncorhynchus masou) Focusing on Stream hierarchical structures : Suggestions to river management in winter habitat environment

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, いくつかの瀬や淵を含む区間において, 河川の地形や水理の観点から河川の階層構造を規定し, サクラマス幼魚が越冬環境として選択する河川構造の特性を明らかにすることを目的とした.<br>調査は, 2001年12月中旬~下旬に北海道札幌市郊外を流れる石狩川水系真駒内川と北海道西南部積丹半島北部に位置する積丹川でおこなった. この2つの河川においてセグメント1に位置付けされる自然河川のReachを最上位の構造とし, それより下位のChannel unit, SubunitおよびMicrohabitatの3つの階層に区分し, サクラマス幼魚の越冬環境について検討した.<br>検討の結果, 越冬期のサクラマス幼魚は, Channel unitでは河床勾配が急な早瀬や瀬に比べ, 河床勾配が比較的緩やかな平瀬, 淵において生息密度が高い傾向が見られたが, 生息密度のばらつきが大きく, 明確な傾向は示されなかった. Subunitスケールでは, 淵や平瀬の河岸付近を構成していたフルード数の小さな領域Subunit (Fr<0.125) に対する選択性が高い傾向がみられ, このタイプの面積と生息密度には正の相関が認められた. Microhabitatスケールでは, カバーの被覆度が多く流速がきわめて遅いグループに対する選択性が高かった. SubunitとMicrohabitatの階層性について検討したところ, 前述したSubunitとMicrohabitatの組み合わせは, 他の組み合わせより高い選択性と生息密度を示した. これらの結果は, 真駒内川および積丹川の両河川において同様に得られた. したがって, サクラマス幼魚の越冬環境は, SubunitとMicrohabitatの2つの階層的な河川構造に対応しており, 淵や平瀬の河岸付近に連続して広がるフルード数が小さな領域 (Subunit) とそのなかにさらに流速が遅く, カバーが存在する微生息場所 (Microhabitat) の組み合わせであることが示唆された.<br>本研究により, これまでサクラマス幼魚の越冬環境として知見のあったMicrohabitatの環境特性に加え, その周辺のフルード数が小さく示されるSubunitの重要性が示された. この2つの階層は, サクラマス幼魚の越冬期に加えて, 越冬直前の生息場所としても重要であると考えられる. したがって, このような河川構造の階層性は, 季節によって変化する連続した生息場所として捉えることができる.<br>北海道のような積雪寒冷地では, 河川における越冬場所の減少がサクラマス幼魚の生残におよぼす影響が大きく, 越冬環境を考慮した川づくりが必須となる. このとき, Reachスケールに着目した河道整備により, 越冬環境となりえるSubunitとMicrohabitatを有するChannel unitの保全・創出を意識しなければならない. また, Microhabitatは, 主に倒流木や河岸の倒木, 積雪による水際植生の倒伏によるものであり, 水際の微地形や植生にも留意しなけばならない. これらを踏まえ, 次の3点を越冬環境に考慮した川づくりに向けた提言とする.<br>(1) 低水路が直線の場合は, 砂州の形成を促がす水制や導流堤を用いることにより河岸に水衝部を創出する.<br>(2) 自然河道もしくは改修区間でも復元しつつある場合は, 増水時の水衝部に着目し, 蛇行に起因するM型の淵, 側方洗掘型の淵を保全する.<br>(3) 上記のような増水時における水衝部の河岸の微地形や生育する植生を保全する.

The purpose of this research is to explain the relationship between the winter habitat for juvenile masu salmon and three hierarchical structures: channel unit, subunit and microhabitat. The research was conducted at the Makomanai River and Shakotan River, southwest part of Hokkaido, from the middle to the end of December 2001. The natural stream reaches of both rivers are assigned as segment one. The three hierarchical stream structures are designated at the lower hierarchy under stream reaches. The channel unit is at the uppermost part, follows by subunit and then microhabitat. The results show that winter season environment of the juvenile masu salmon depends on two hierarchical stream structures, subunit and microhabitat. The winter season environment is related to combination of subunits close to the riverbank of the pool and glide that have relatively slow current velocity and small Froude number (Fr < 0.125), and the microhabitats with cover that have even slower current velocity. Not only is the microhabitat significant to winter season environment for juvenile masu salmon, but also the subunits around the microhabitat that have slow current velocity and small Froude number. We considered the subunits and microhabitats are very important habitat for the juvenile masu salmon before winter season in addition to the period during winter season. It is, therefore, suitable to regard the hierarchical characteristic of stream structure as contiguous habitat that shows seasonal change. Furthermore, we proposed river management methods with consideration of the winter season environment based on this research results as follows. We should be aware of conserving and creating channel unit with subunit and microhabitat for winter season by river management in the scale of the stream reach. In terms of microhabitat, we should pay attention to microtopography, vegetation and coarse woody debris.

収録刊行物

  • 応用生態工学 = Ecology and civil engineering

    応用生態工学 = Ecology and civil engineering 9(2), 151-165, 2006-12-20

    Ecology and Civil Engineering Society

参考文献:  92件中 1-92件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021978436
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11528360
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13443755
  • NDL 記事登録ID
    8635973
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業) // ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B482
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ