定義域を伴った関数の数式処理 Symbolic Manipulation of a Piecewise Function Having Different Expressions on Each Interval or Domain

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

区間(または領域)毎に場合分けされる関数を数式処理言語を用いて記述し,その関数式に対して,微分,積分,等の数式処理を適正に行う為の手法(道具)を提案する.数式処理言語としては <B>Maxima</B>を用い,結果を<B>Maxima</B>ライブラリとしてまとめる.最後に機能検証の為の使用例を示す.

A piecewise function having different expressions on each interval or domain is treated using the symbolic mathematical manipulation software, Maxima. Tools for performing algebraic operations including differentiation and integration are provided in the Maxima library.

収録刊行物

  • 応用統計学  

    応用統計学 37(1), 17-35, 2008-04-30 

    Japanese Society of Applied Statistics

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021979439
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00330942
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02850370
  • NDL 記事登録ID
    9501585
  • NDL 雑誌分類
    ZM31(科学技術--数学)
  • NDL 請求記号
    Z15-401
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ