マルチレイヤカーテンコーティング及び新タイプのカレンダリング Multilayer Curtain Coating and New Type of Calendering

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

マルチレイヤコーティングは,従来の塗工方法に比べて幅広い塗工ウインドーを与えてくれる。シングルステージのみで高塗工量の付与と多層塗工の両方を行うことができる。この方法により,ある種の紙・板紙の特性のためにより厚みがあり安価な塗工層を構成し,他の特性(光沢度,バリア性など)の実現のためにはより高価であるがより薄い塗工層の使用を可能にすることによって,より経済的利点が得られる。<BR>メタルベルトカレンダリングは従来式のショートドウェルのカレンダリング法に比較して良好な表面トポグラフィと印刷適性を与えてくれる。また,高い嵩とこわさを保持しながら目標の表面性を達成できることから,紙・板紙生産の原材料費を節約することができる。<BR>これらの新しい表面処理プロセスを結び付けた予備的な研究結果は,これらが有望であることを示している。最新のロングドウェルメタルベルトカレンダをプレカレンダに用いることで,輪郭塗工のマルチレイヤーコーティングが形成する平滑性の少ない表面を補うことが可能であると思われる。

The authors introduce newly developed coating and calendaring technologies in our presentation.<BR>Multilayer coating gives a broader coating application window compared to traditional coating methods. It can apply both high coat weights and multiple layers in a single stage. In this way it gives better economy by enabling thicker, less expensive, coating layers for certain paper⁄board properties (bulk, opacity, brightness…) and thinner, more expensive, coating layers for other properties (gloss, barrier…) . <BR>Metal belt calendering gives better surface topography and printability compared to traditional, shorter dwell, calendering methods. The other way round is that it gives the targeted surface properties at higher bulk and stiffness thus saving in the material costs of the paper⁄board manufacturing.<BR>The preliminary research results of combining these new surface treatment processes are promising. It seems to be possible to compensate the less smooth surface produced by contour type multilayer coating by advanced, long dwell, metal belt calendering.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 62(10), 1225-1230, 2008-10-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021983027
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    9662945
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ