新規プレスロール剥離剤の開発と実績 Release Agent for Press Rolls

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

低レベル古紙の高配合,中性紙化が進む中,近年,プレスロールの汚れが起因となり,ストリーク・粕穴・圧痕といった製品欠点やプレス・コーターでの断紙のトラブル発生で生産性が著しく低下する問題を抱えるマシンが急増している。<BR>また,高速マシンにおいては,プレスロールからの湿紙の剥離性が悪くなると,湿紙にかかるテンション(ドロー)が増大し,断紙回数の増加や抄速ダウンにつながるため,プレスロールからの湿紙の剥離性を維持することは安定操業を行う上での大きなテーマとなっている。<BR>弊社ではこれらを改善するため汚れ防止・剥離向上・汚れ洗浄の3つの効果を兼ね備え,かつ,低コストで高い効果が発揮できるプレスロール用剥離剤「オンプレスシリーズ」を開発した。<BR>本報では,本システムの特徴と効果について実機での適用例をもとにご紹介する。

Deposition of pitch or fine fiber on the press rolls causes defects in the sheet, sheet breaks and fiber rising. Especially for high speed PMs, sheet release from the rolls is not only limiting their speed but also giving strong impact to paper quality. Cationic polymer has been generally used to keep the roll surface clean, however, those program are not able to reduce draw and fiber rising effectively.<BR>Our technology, a continuous application of chemical additives (Polymer based product, On Press™) directly onto press rolls treats surface and establishes a protective coating that prevents deposit buildup.<BR>In addition to preventing deposition and linting on the press rolls, this new technology enables mills to increase PM speed and⁄or improve paper quality.<BR>In this report, basic mechanism of the roll release is explained and case histories to newsprint and coated paper M⁄C are presented.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 62(10), 1231-1235, 2008-10-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021983028
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    9662954
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ