耐摩耗・離型皮膜について The Coating, which Have Stain Resistance and Easy Separating Properties

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

現在,弊社では製紙業界で起こる種々の変化に対し,対応できる新規皮膜の開発を行っている。本発表では,製紙業界向けの離形性および耐磨耗性を有する新規皮膜について紹介する。この新規皮膜を用いると実験データから耐磨耗性および離形性が向上することがわかった。また,本発表では当社開発の新規DLC「タフカーボン」について紹介する。タフカーボンは,いままでのDLCとは硬度,密着性ともに向上した皮膜であり,今後製紙業界で用いられるものと考えられる。

Our company has offered various wear (for the paper manufacture industries) parts and mold-release characteristic parts until now. However, it is not that all are also satisfied and nothing, there was a case where meeting the request could not be finished. So, in this announcement, our company introduces the various plating which exceed the plating which can be offered now. Although all needs cannot be grasped since this plating is a utilization stage, it is the plating which is advancing by our company towards utilization.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 62(10), 1236-1242, 2008-10-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021983032
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    9662975
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ