新設計 PaperIQ Plus が実現した高性能QCS High Performance QCS Recognized by New Designed PaperIQ Plus

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

メッツォによって開発されたPaperIQ Plus(ペーパーIQプラス)は初代ペーパーIQシステムの実績と成功を踏まえて構築されたシステムである。広範囲のセルフ診断機能を搭載したモジュラ,インテリジェントIQセンサは,安定した制御に要求される低ノイズのシート品質測定を提供する。IQスキャナの性能は,さらに速いスピードでスキャンできるように能力アップされ,水平面の精度,アライメントや耐振動性を向上している。新しいスキャニングセンサとして,光学技術を応用したシート特性の測定が追加され,特にIQCaliper―L(IQレーザーキャリパ)はシートに接触することなくキャリパを測定する。<BR>又,スキャンせずに全幅シートを瞬時測定するものも開発され,IQインサイトはフォーミングとプレス直後のシート水分をMD(流れ方向)とCD(幅方向)を分離した高周波で測定する。これにより,ウェットエンドとプレスセクションにおける水分最適化とより優れた制御性を実現する。<BR>本稿では新しいスキャナとセンサを搭載した,メッツォ開発の新QCSを紹介する。

PaperIQ Plus developed by Metso is built upon the proven and successful architecture of the first PaperIQ systems. Modular and intelligent IQSensors with their extensive self diagnostic provide the low-noise sheet quality measurements required for stable controls. The performance of IQScanner has been upgraded by increasing its capability to scan at much higher speeds. Horizontal stiffness, alignment and vibration resistance have been improved. New scanning sensors have been added to measure sheet properties based on the optical technology. One of the newest sensors, IQCaliper-L, measures caliper without contacting to the sheet.<BR>Non scanning, full sheet measurements have been developed as well. IQInsight measures high frequency MD and CD snapshots of the sheet moisture immediately after it is formed and pressed, helping with wet end and press section optimization programs and allowing better control from that location.<BR>This paper presents the Metso new developed QCS with new scanner and sensors.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 62(10), 1245-1250, 2008-10-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021983037
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ