アジテーター用軸振れ対応型完全二つ割メカニカルシール Fully Sprit Seal for Poor Accurate Rotations in Agitators Services

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 馬場 亮介 BABA Ryosuke
    • 日本ジョン・クレーン株式会社MSエンジニアリング部 Mechanical Seal Engineering Dept., John Crane Japan, Inc.

抄録

現在製紙及びパルプ業界において,各種回転機器の軸封装置としてメカニカルシールを採用されるケースが多くなってきている。<BR>但し,機器固有の問題として軸振れや振動がある横軸アジテーターの軸封においては,まだまだメカニカルシールを採用している機器は少なく,大半はグランドパッキが採用されている。<BR>しかしながら,節電や節水と言った省エネルギーや安定操業,また取扱液の漏れを無くすことでの環境負荷低減,及びメンテナンスコスト削減の観点からは,メカニカルシール化を望まれているユーザーも多く,これら要望に応えるべくJohn Craneは,軸振れや振動にも対応できるメカニカルシールで,しかも完全二つ割のメカニカルシールを開発し提供してきた。<BR>今回の講演では,主として横軸アジテーター用軸封としての,John Crane独自のユニークな設計思想に基づいた,完全二つ割メカニカルシール(Type 37 FS)について,構造・原理・実績を交えながらご紹介させて頂く。

Conversion of gland packing to mechanical seal in pulp and paper mills is underway but it is only limited to the major machines like pumps for cooking and chemical or refiners. Gland packing is still favoured in raw material tanks or horizontal agitators for chest.<BR>This is because the horizontal agitators often generate shaft runout or vibration because of its long distance with external bearing that maintains shaft, or change of load to impeller due to liquid decrease, etc., and it is thought that mechanical seals cannot accommodate.<BR>However, there is a mechanical seal that can absorb such shaft runout or vibration by using rubber bellows. Furthermore, its fully split design can reduce cost and time of the maintenance.<BR>We would like to introduce here the fully split mechanical seal which can accommodate the shaft runout of horizontal agitators with actual experiences.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 62(10), 1258-1263, 2008-10-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021983046
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    9663079
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ