一般産業界における音に関して Part III : トラブルフリーオペレーションの一環として For Sound or Noise in Industrial World Part III : It Thinks about the Noise as Part of T. F. O. from SKF

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 山崎 安彦 YAMASAKI Yasuhiko
    • 日本エスケイエフ株式会社 コンディションモニタリングサービス部門 Condition Monitoring Service Division, SKF Japan

抄録

今回は人に聞こえにくい音を考えて見る。それは音圧が低いということであろうか? 周りの回転機器の騒音の存在でわからなくなる音であろうか? 低速で回転をしていて耳では回転音すら聞こえないものを言っているのであろうか? さまざまな環境や条件化で機械に使用されているベアリングは悲鳴を上げている。とくに今回の振動解析データは低速で使用されているベアリングに関しての情報を提示した。低速機器に使用されているベアリングは非常に繊細な信号(悲鳴)を出す。それを確実に聞いてあげる機器が必要となる。それを提供するのがSKFの使命である。

"For sound or noise in industrial world" is the third in this time. I want to see by thinking mainly about the sound that the person doesn't hear of easily this time. In a sense, the noise that the machine is generated seems to be "Scream" of the machine. The state of the rotation seems to have emitted various noise as bad one. I think that the sound of person's hearing is a sound pressure (roundness) , the frequency (tone) , and it exists variously. I want to explain these while putting the example.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 62(10), 1264-1267, 2008-10-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021983047
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    9663092
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ