藍藻の圧力処理における水撃圧の応用について Study on the Application of Water Hammer Pressure in Pressure Treatment of Blue Green Algae

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

生活排水や産業排水の流入による水質悪化によって顕在化してきた現象として, 富栄養化した淡水域に発生するアオコと呼ばれる現象がある.これは水資源を確保する上で深刻な問題となりつつある.すでに飲料水への混入が見られるなど大きな社会問題となりつつあるが, 根本的な対策は未だ確立されていない。アオコを構成する藍藻は水面で光合成を行うためのガス胞を持ち浮き沈みをしているので、ガス胞の破壊は藍藻の生命活動に致命的である。本研究では藍藻細胞が水中で生活していることを考慮し水撃圧の応用によって, 藍藻の不活性化について検討した.その結果, 加圧減圧速度が速いほど細胞破壊に有効であること、また水撃圧を応用することで比較的低圧力でガス胞のみならず細胞まで破壊でき、処理効果が著しく向上することがわかった。この方法は装置としても安価で、その上動力を必要としないで連続運転ができ大量の処理にも対応できる極めて実用的, 経済的な方法であることを明らかにした.

If a fresh water region becomes eutrophic, the phenomenon that is called "Aoko" is generated. It has been a serious social problem that water-bloom mingle with drinking water and be rotten an cause offensive odor. However, measures against water-bloom damage have not been established. Blue-green-algae produces photosynthesis while alive and floating on the water. Also, blue-green-algae has the gas vacuoles that has the floatage ability. The gas vacuoles of blue-green-algae are an important organ for the life of water bloom. Therefore, for this research, pressure was used on living blue-green algae cells in water and the damage on the cell was examined. The result was that when the pressuring velocity is as fast as the water hammer pressure could act, it was shown to be effective in the destruction of the gas vacuole and the cell.

収録刊行物

  • 環境技術 = ENVIRONMENTAL CONSERVATION ENGINEERING  

    環境技術 = ENVIRONMENTAL CONSERVATION ENGINEERING 37(9), 655-663, 2008-09-20 

    Society of Environmental Conservation Engineering

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021983147
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00046213
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03889459
  • NDL 記事登録ID
    9653467
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-834
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ