新たな紫外線強度分布推定法による紫外線照射槽の消毒効果予測への影響 The Influence of the Newly Dosed UV Rate Distribution Estimation Method on Predictions of Disinfection Effects in UV Disinfection Reactors

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

平成19年厚生労働省省令第54号「水道におけるクリプトスポリジウム等対策指針」に示されたとおり, 日本国内の一部の上水道において紫外線照射の適用が可能となった.しかし, 紫外線照射槽における消毒効果は槽内の不均一な紫外線強度と分布を持つ滞留時間の積である紫外線照射量により決まるため, 紫外線照射槽の消毒効果の予測は一般に難しいと考えられている.<BR>そこで, 本研究では2種類の紫外線照射槽を用いて不活化実験とトレーサー実験を行い, 紫外線強度がより均一な紫外線照射槽の結果から, より高効率の紫外線照射槽の性能を予測することを試みた.その結果, 従来用いられてきた簡便な半径光による紫外線強度分布から得られる消毒効果予測値よりも, 新たに考案した修正半径光による予測値の方が実測値をより適切に表していた.また, 修正半径光を用いた場合, 紫外線照射槽外管の内表面での紫外線強度より大きくかつ平均紫外線強度よりも小さい紫外線強度で, 消毒効果が定まっていることが説明可能であった.

According to "<I>Cryptosporidium</I> countermeasures in waterworks" from the Ministry of Health, Labour and Welfare in Japan, usage of UV was conditionally accepted. However, since disinfection effects are determined by the UV dose, which is expressed by the multiplication of the UV dose rate and the distributing residence time, in general the prediction of the disinfection effect is difficult.<BR>In this study, inactivation experiments and tracer experiments were conducted using two UV disinfection reactors and prediction of the performance of one reactor whose efficiency was higher than the results of another reactor which had a more uniform UV dose rate was attempted. From the results, the predicted value of the disinfection effect using a newly developed modified radial light demonstrated the measured value appropriately rather than with radial light. Moreover, when modified radial light was used, it turned out that the disinfection effect was in the range from the UV dose calculated by UV dose rate on the inner surface of the outside reactor tube, to the average UV dose rate.

収録刊行物

  • 環境技術 = ENVIRONMENTAL CONSERVATION ENGINEERING  

    環境技術 = ENVIRONMENTAL CONSERVATION ENGINEERING 37(9), 671-677, 2008-09-20 

    Society of Environmental Conservation Engineering

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021983184
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00046213
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03889459
  • NDL 記事登録ID
    9653567
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-834
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ