ソフトウエアの要求獲得会議での言い直しに注目した要求獲得方法論 A Requirements Capturing Method Focusing in the Corrected Words in the Software Requirements Capturing Meeting

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 土井 晃一 DOI KOUICHI
    • 株式会社 富士通研究所 コンピュータシステム研究所 Computer System Laboratories, Fujitsu Laboratories Ltd.

抄録

ソフトウエアの要求獲得会議では会議参加者の関心のあることをきちんと堀起こすことが重要である. 関心のあることを堀起こすためには会議参加者の無意識の部分を知る方法が考えられる. 無意識の兆候としては古来から言い直しが挙げられている. 言い直しを利用するとしても, 言い直しを解釈するやり方は高度の技術を要する. そこで本研究では, 言い直しを解釈しないで利用する方法を考えることにする. そこでまず, 言い直した語と言い直された語との間でどちらに関心が高いかを調べた. その結果, 言い直された語の中にも話し手の関心が高いものが見受けられた. そこで, 言い直された語を抽出して, 次の会議の話題展開に用いる方法論を考案した.

In software requirements capturing meeting, it is important to find out interesting items of clients. There is a method of finding out interesting items by knowing their structure of unconsciousness. There are some indications of unconsciousness. For example, there are some mistakes in speaking. To interpret mistakes in speaking seems to need a high technic. We aim at the method of not interpreting the mistakes or corrects in speaking. We experimented the relationship between interests and corrects in speaking. We found the case that the speaker was interested in the corrected word. We made a requirements capturing method to find the topics in the next meeting extracting the corrected words.

収録刊行物

  • 自然言語処理 = Journal of natural language processing  

    自然言語処理 = Journal of natural language processing 7(1), 3-12, 2000-01-10 

    一般社団法人 言語処理学会

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021991369
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472659
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13407619
  • NDL 記事登録ID
    4962072
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-B168
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ