機械学習手法を用いた名詞句の指示性の推定 Machine learning approach to estimating a referential property of a noun phrase

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

言語処理の研究には名詞句の指示性の推定という問題がある. 名詞句の指示性とは, 名詞句の対象への指示の仕方のことで, 指示性としては総称名詞句, 定名詞句, 不定名詞句の三種類が主に設けられている. この指示性は, 日英機械翻訳の冠詞生成や同一名詞句の照応解析に役に立つ. 名詞句の指示性の先行研究では, 表層の手がかり語を利用した規則を利用して解析し, 複数の規則が競合した場合は規則により各指示性に得点を付与し合計点の最も大きい指示性を解としていた. この規則に記述している得点は人手で付与しており, 人手の介入が大きい方法となっていた. 本稿では, この人手で付与していた得点部分を機械学習の手法で自動調節することで, 人手のコストを削減することに成功したことについて記述している.

The referential properties of noun phrases are useful for article generation in Japanese-English machine translation and in anaphora resolution in Japanese same noun phrases and are generally classified into generic noun phrases, definite noun phrases and indefinite noun phrases. In the previous work, an estimation of referential properties was done by developing rules that used clue words. If two or more rules were in conflict with each other, the category having the maximum total score given by the rules was selected as the desired category. The score given by each rule was established by hand, so the manpower cost was high. This paper describes a machine learning method that reduces the amount of manpower needed to adjust these scores.

収録刊行物

  • 自然言語処理 = Journal of natural language processing  

    自然言語処理 = Journal of natural language processing 7(1), 31-50, 2000-01-10 

    一般社団法人 言語処理学会

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021991392
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472659
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13407619
  • NDL 記事登録ID
    4962095
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-B168
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ