手指動作記述文間の類似性に基づく手話単語の検索方法 A Retrieval Method of Signs Based on Similarity between Manual Motion Descriptions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

手話は聴覚障害者と健聴者との重要なコミュニケーション手段の1つであり, 手話を学習する健聴者の数も年々増加する傾向にある. この様な背景から, 近年, 手話の学習支援システムや手話通訳システムなどの研究が各所で盛んに行われている. 特に, これらの自然言語処理システムの知識辞書となる手話電子化辞書の構築は重要な課題であり, 手話側から対応する日本語ラベルを効率良く検索する手段の実現は, 日本語と手話との対訳辞書の検索機能として, 必要不可欠な要素技術といえる. 従来の検索方法の多くは, 手話単語の手指動作特徴を検索項目とし, 検索条件を詳細に設定する必要があった. そのため, 初心者には満足する検索結果を得ることが難しいという問題点が指摘されている. この主な原因の1つは, 検索条件の複雑さや検索項目間の類似性から選択ミスが生じやすく, 結果として, 利用者の要求に適合する検索結果が出力されないという問題点にある. 本論文では, 市販の手話辞典に記載されている手指動作記述文に着目した検索方法を提案する. 本手法の特徴は, 検索キーとして入力された手指動作記述文と類似の手指動作記述文を検索辞書から検索し, 対応する手話単語の日本語ラベルを利用者に提示する点にある. すなわち, 手話単語の検索問題を文献検索問題と捉えたアプローチといえる. 実験の結果, 本手法の妥当性を示す結果が得られた. 一方, 実験により明らかになった問題点の1つとして, 手指動作記述文で表現された手指動作の一部に曖昧さがあることが分かった. この問題を含め, 本手法の問題点と今後の課題について, 例を示しながら詳細に議論する.

Sign language is an important path for us to communicate with hearing impaired people. Therefore, learners has been increasing in recent years. There are several researches into learning aid systems and electronic dictionaries for sign language. Especially, when users want to look up the Japanese word labels corresponding with manual motion properties, most of previous retrieval methods are necessary to set various and many retrieval conditions in detail. There is a serious problem that it is hard for beginners to look up the most appropriate sign by the setting wrong conditions. To overcome this problem, this paper proposes a method which uses a different approach from the previous methods. The point of the method is based on the similarity between manual motion descriptions (MMDs) appeared in ordinary sign dictionaries. By computing the similarity between an inputted MMD as a query and the MMDs in the database, retrieval results are outputted in similarity order. The retrieval results formed by the similarity can be considered as a set of signs that are similar to each other. As an interesting point, a subject of sign retrieval can be considered as the document retrieval. The results of evaluation experiments show the applicability and usability of the proposed method. We also discuss a problem that there are ambiguous MMDs by demonstrating examples.

収録刊行物

  • 自然言語処理 = Journal of natural language processing  

    自然言語処理 = Journal of natural language processing 9(1), 21-41, 2002-01-10 

    一般社団法人 言語処理学会

参考文献:  38件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021991684
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472659
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13407619
  • NDL 記事登録ID
    6033660
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-B168
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ