ポリアンモニウム電解質による紫外線吸収剤の黄変抑制効果 Anti-Discoloration Effect of Polyammonium Electrolyte on Organic UV Absorbers

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ベンゾトリアゾール系,ベンゾフェノン系紫外線吸収剤をポリマー製品に添加すると,黄味の初期着色を与えることがある.その原因の一つとして,フェノール性ヒドロキシル基と共存するアルカリ物質ないしは金属化合物との相互作用があげられている.紫外線吸収剤を含む有機溶液に水酸化テトラブチルアンモニウムおよびチタン(IV)テトラブトキシドを添加すると,同ヒドロキシル基の H<sup>+</sup> に伴う吸収の長波長シフトにより溶液が黄色を呈する.この黄色溶液に低分子電解質を高濃度加えると無色となった.この効果が,近接した電解質カチオンが H<sup>+</sup> と同様の負電荷の局在化を行うことによるとし,電荷密度の高いカチオンとしてポリアンモニウムの利用を試みた.その対アニオンに疎水性のビス(2-エチルヘキシル)スルホコハク酸を選び,有機媒体に易溶としたポリアンモニウム電解質を用いた場合,低濃度の添加でも呈色を抑制できた.このポリアンモニウム電解質はポリビニルブチラール樹脂などにも添加でき,黄変抑制効果を示した.<br>

One of the causes that hydroxyphenylbenzotriazole- and hydroxybenzophenon-type UV absorbers tend to turn yellow, when they are blended with resin and molded, is believed to be the affection on the phenolic hydroxyl group of alkaline or metal components. In organic solutions containing the UV absorbers, the yellowing can be exhibited by the addition of tetrabutylammonium hydroxide or titan tetra-<i>n</i>-butoxide, which can remove H<sup>+</sup> from the phenolic hydroxyl group. The yellow hue of the solution was disappeared by addition of the polyelectrolyte comprising poly[oxyethylene(dimethylimino)propyl(dimethylimino)ethylene] cation and bis(2-ethylhexyl)sulfosuccinate anion to form the polyion complex with the deprotonated UV absorber. The anti-discoloration effect may be attributed to the localization of the negative charge at around the oxygen atom in the phenolic group by the positive charge of the polyammonium. The polyammonium electrolyte can be blended with poly(vinylbutyral) and poly(vinylchloride), and can be applied successfully to prepare a non-yellowing plastic film with a high absorptivity of the UV light.<br>

収録刊行物

  • 高分子論文集

    高分子論文集 65(9), 587-593, 2008-09-25

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

  • <no title>

    ZWEIFEL H. ed.

    Plastics Additives Handbook, 2001

    被引用文献1件

  • <no title>

    西原一

    高分子の長寿命化と物性維持, 2006

    被引用文献1件

  • <no title>

    桐生春雄

    コーティング用添加剤の技術, 2007

    被引用文献1件

  • <no title>

    真枝俊之

    特開2007-181969

    被引用文献1件

  • <no title>

    KAIGHT J.

    US. Patent 4464496

    被引用文献1件

  • <no title>

    SMITH R. H.

    US. Patent 3923519

    被引用文献1件

  • <no title>

    入田潔

    富士フイルム研究報告 49, 36, 2004

    被引用文献1件

  • <no title>

    伊豆津公佑

    非水溶液の電気化学, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    高分子学会編

    高分子物性の基礎, 1993

    被引用文献1件

  • <no title>

    ZANA R.

    Polymer-Surfactant Systems, 1998

    被引用文献1件

  • <no title>

    堀内照夫

    水溶性高分子の機能と応用, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    角田光雄

    界面活性剤の機能と利用技術, 2006

    被引用文献1件

  • <no title>

    片野肇

    防菌防黴 35, 147, 2007

    被引用文献1件

  • <no title>

    KATANO H.

    Anal. Sci. 20, 1581, 2004

    被引用文献1件

  • <no title>

    KATANO H.

    Anal. Sci. 21, 1529, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    JACKMAN L. M.

    J. Am. Chem. Soc. 110, 3829, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    GODDARD R.

    Tetrahedron 58, 7847, 2002

    被引用文献2件

  • 紫外線吸収剤の特性と応用 (特集 21世紀の耐光性向上添加剤技術)

    山野井 博

    ファインケミカル 33(5), 28-38, 2004-05

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021993866
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    9665077
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ