カチオン/アニオン界面活性剤混合系を利用したチタニア/界面活性剤複合粒子の調製とナノ構造制御 Nanoscale Structure Control of Titania/Surfactant Composite Particles Prepared with Catanionic Surfactant Mixtures as Structure Directing Agents

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 酒井 秀樹 SAKAI Hideki
    • 東京理科大学理工学部工業化学科 Department of Pure and Applied Chemistry, Faculty of Science and Technology, Tokyo University of Science
    • 河野 浩輝 KOHNO Hiroki
    • 東京理科大学理工学部工業化学科 Department of Pure and Applied Chemistry, Faculty of Science and Technology, Tokyo University of Science
    • 萩原 英輝 [他] HAGIWARA Hideki
    • 東京理科大学理工学部工業化学科 Department of Pure and Applied Chemistry, Faculty of Science and Technology, Tokyo University of Science
    • 小倉 卓 OGURA Taku
    • 東京理科大学理工学部工業化学科 Department of Pure and Applied Chemistry, Faculty of Science and Technology, Tokyo University of Science
    • 柴田 裕史 SHIBATA Hirobumi
    • 東京理科大学総合研究機構界面科学研究部門 Research Institute of Science and Technology, Tokyo University of Science
    • 酒井 健一 SAKAI Kenichi
    • 東京理科大学理工学部工業化学科 Department of Pure and Applied Chemistry, Faculty of Science and Technology, Tokyo University of Science
    • 阿部 正彦 ABE Masahiko
    • 東京理科大学理工学部工業化学科 Department of Pure and Applied Chemistry, Faculty of Science and Technology, Tokyo University of Science

抄録

カチオン界面活性剤とアニオン界面活性剤の混合水溶液中で形成されるナノサイズの分子集合体の存在下で酸化硫酸チタンの加水分解・重縮合反応を行うことにより, ナノサイズの規則的構造を有するチタニア/界面活性剤複合粒子を調製した。また, 界面活性剤の混合比を変化させることにより規則構造の間隔および形態制御を試みた。カチオン界面活性剤にセチルトリメチルアンモニウムブロミド (CTAB), アニオン界面活性剤にソディウムオクチルサルフェイト (SOS) を用いたところ, SOSの混合比が小さいときにはヘキサゴナル型の規則構造を有する粒子が得られ, 規則構造の周期はSOS混合比の増大とともに増加した。一方, ある混合比を超えるとラメラ型の規則構造へと変化し, 規則構造の周期は逆に減少することがわかった。また, アニオン界面活性剤としてSOSの替わりにソディウムドデシルサルフェイト (SDS) またはソディウムオクタノエート (SO) を用いた際にも同様の傾向が観測されたが, 規則構造周期の絶対値ならびに相変化組成は界面活性剤種により変化した。以上の結果より, カチオン/アニオン界面活性剤混合比の変化により規則的構造の周期および形態をオングストロームオーダーで精密に制御できることがわかった。

Titania/surfactant composite particles with nanoscale ordered structure have been prepared by hydrolysis and condensation reactions of titanium oxysulfate in the presence of molecular assemblies formed at aqueous mixtures of cationic and anionic surfactants as structure-directing agents. When cetyltrimethylammonium bromide (CTAB) and sodium octylsulfate (SOS) were used as cationic and anionic surfactants, respectively, particles with hexagonal type ordered nanostructure were obtained at CTAB-rich compositions and their repetition unit increased with increasing SOS content, while the hexagonal structure changed to lamellar structure at a certain SOS content and the repetition unit decreased above this content. These results showed that precise control of geometry and size of the nanoscale-ordered structure is possible by manipulation of the compositions of cationic CTAB and anionic SOS.

収録刊行物

  • 色材協會誌  

    色材協會誌 81(9), 325-330, 2008-09-20 

    Japan Society of Colour Material

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021998827
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    9654218
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ