東濃ウラン鉱床でのナチュラルアナログ研究からみた古水理地質研究の役割 Role of paleohydrogeological studies from the perspective of the natural analogue study of the Tono uranjum deposit

この論文をさがす

著者

    • 笹尾 英嗣 SASAO Eiji
    • (独)日本原子力研究開発機構地層処分研究開発部門東濃地科学研究ユニット Tono Geoscientific Research Unit, Geological Isolation Research and Development Directorate, Japan Atomic Energy Agency
    • 岩月 輝希 IWATSUKI Teruki
    • (独)日本原子力研究開発機構地層処分研究開発部門東濃地科学研究ユニット Tono Geoscientific Research Unit, Geological Isolation Research and Development Directorate, Japan Atomic Energy Agency
    • 天野 由記 AMANO Yuki
    • (独)日本原子力研究開発機構地層処分研究開発部門東濃地科学研究ユニット Tono Geoscientific Research Unit, Geological Isolation Research and Development Directorate, Japan Atomic Energy Agency

収録刊行物

  • 資源地質  

    資源地質 56(2), 125-132, 2006-12-28 

参考文献:  27件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021999207
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10379890
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09182454
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ