機能的近赤外分光装置(fNIRS)によるドライバーの脳活動計測 Measurement of Drivers' Brain Activity while Driving using Functional Near Infrared Spectroscopy(fNIRS)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

シミュレータにおいて、運転タスクに応じたドライバーの脳活動を、機能的近赤外分光装置fNIRSで計測した。通常走行に比べ、狭路走行と先行車追従走行では、前頭外側部の賦活量がより大きくなることを確認した。さらに、運転中に注意課題を与えた場合の注意力喚起に起因する賦活を、運転タスクの差から見出した。

Functional near infrared spectroscopy (fNIRS) was used to measure drivers' brain activity while performing driving tasks on a driving simulator. Increased activation in the dorsolateral prefrontal region was observed when driving on a narrow road and when following a preceding vehicle compared with the level seen for ordinary driving. In addition, a difference in the level of activation attributable to the exercise of attention was seen between the different tasks of driving on a narrow road and ordinary stop-and-go driving.

収録刊行物

  • 自動車技術会論文集  

    自動車技術会論文集 40(3), 681-686, 2009-06-16 

    Society of Automotive Engineers of Japan

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10025529107
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00105913
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02878321
  • NDL 記事登録ID
    10274813
  • NDL 雑誌分類
    ZN22(科学技術--運輸工学--自動車)
  • NDL 請求記号
    Z16-1092
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ