独自の開発基準を定めたまちづくり条例による宅地開発誘導の効果と課題 : 国分寺市まちづくり条例を対象に A Study on the Residential land development Control through Machidukuri Ordinance as Local rules : Case Study on Machizukuri Ordinance of Kokubunji City

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

自主基準と委任基準を巧みに連携させ、独自の開発基準を定めた国分寺市まちづくり条例に基づく戸建て宅地開発を対象に、条例による宅地開発誘導の効果と課題を明らかにすることを目的に、条例に基づく開発基準に関わる一連の適合審査・協議プロセスにおける運用実態、及び宅地開発後の実態を分析した。その結果、道路整備に関する基準により、前面道路幅員の拡幅整備や周辺道路等との通り抜け化など、防災上・避難上の安全性、良好な地域環境の確保に寄与していたこと、外壁後退基準や緑化率基準については、遵守されていない事例が見られ、協定が承継されていないこと、建築物の敷地の最低限度の基準が厳しく、条例のがれの要因となっている可能性が高いこと等が明らかとなった。よって、地域特性に応じた実効性ある開発コントロールを推進するためには、独自の開発基準をベースにしつつ、開発協議により、建築物の敷地の最低限度基準の緩和が可能となるようなインセンティブが働く仕組みを用意することが有効であると考えられる。

This paper aims to analyze the effect and limit of residential development control through the Machizukuriordinance of Kokubunji City that is strengthened the standards by not only delegatory standards by City Planning Act but also independent standards. It is concluded that road improvement and prevention of site subdivision are realized regardless of delegatory standards or independent standards , but tree planting and external wall setback of building are not complied in part because the companies of the housing construction are different from residential land development. It is necessary to add some incentive menu of deregulation as to development standards depending on the regional characteristic for the effective control for residential land development through Machizukuri ordinance.

収録刊行物

  • 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning

    都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning 43(3), 373-378, 2008-10-15

    公益社団法人 日本都市計画学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10025842413
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10276504
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09131280
  • NDL 記事登録ID
    9703487
  • NDL 雑誌分類
    ZD1(経済--経済・経済事情) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z3-992
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ