現代の小脳パーセプトロン仮説 On Modern Cerebellar Perceptron Hypothesis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 山崎 匡 YAMAZAKI Tadashi
    • 理化学研究所脳科学総合研究センター 理研BSI-トヨタ連携センター RIKEN BSI-TOYOTA Collaboration Center, RIKEN Brain Science Institute

抄録

Marr-Albus-Itoの小脳パーセプトロン仮説は小脳の理論研究のパイオニアであり,その後の理論だけでなく実験すらも牽引してきた.本稿では,パーセプトロン仮説の一翼を担う多数の顆粒細胞によるスパース分散表現が,現代の実験の知見によってどのように支持され,また理論的にどのように発展しているのかを概説する.

収録刊行物

  • 日本神経回路学会誌 = The Brain & neural networks

    日本神経回路学会誌 = The Brain & neural networks 18(1), 22-30, 2011-03-05

    Japanese Neural Network Society

参考文献:  51件中 1-51件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10028190905
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11658570
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    1340766X
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ