学生における Wikipedia 日本語版の利用動向 Trends in utilization of the Japanese Wikipedia by students

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Wikipediaは利用者参加型のオンライン百科事典であり,インターネットに接続し,誰でもが記事を編集できる.Wikipedia日本語版は281言語版のなかで記事数では7番目に大きな言語版である.Wikipedia日本語版の学生を中心とした利用動向を調べるために,認知度,利用経験,利用理由,利用目的,記事の信頼度,記事の編集経験,他の言語版の利用などについてアンケートを実施した.学生におけるWikipedia日本語版の利用時の特徴を明らかにした.

Wikipedia is an open content project, meaning anyone with an Internet connection can modify or create an article. The number of articles in Japanese Wikipedia achieves a ranking of 7th out of 281 languages. It was conducted a questionnaire on utilization of the Japanese Wikipedia to ask students and other groups for their opinions on various issues such as visibility, utilization experience, reasons, utilization purpose, reliability of articles, editing practices and other languages. The features on utilization of the Japanese Wikipedia by students became clear.

収録刊行物

  • 情報知識学会誌

    情報知識学会誌 21(2), 149-156, 2011-05-28

    Japan Society of Information and Knowledge

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10029134588
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10459774
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09171436
  • NDL 記事登録ID
    11151328
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1782
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ