海鳥のモニタリングのための海岸漂着海鳥調査と海上センサス Beached bird surveys and ferry census for the seabird monitoring

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 伊藤 元裕 ITO Motohiro
    • 北海道大学大学院水産科学院資源生態学領域 Laboratory of Marine Ecology, Graduate School of Fisheries Sciences, Hokkaido University
    • 新妻 靖章 NIIZUMA Yasuaki
    • 名城大学農学部環境動物学研究室 Laboratory of Environmental Zoology, Faculty of Agriculture, Meijo University

抄録

海洋における人間活動の影響によって,海洋生態系の重要な構成員である海鳥は現在その個体数を大きく減少させている.これら海鳥の保全のためには,その個体数や繁殖成績がどのような要因の影響を受けて変動しているのかを詳細に理解する必要があり,その繁殖や個体数モニタリングは必要不可欠である.本稿では,簡便な海鳥モニタリング調査である海岸漂着海鳥調査および船舶からの洋上分布調査(海上センサス)の手法を紹介し,その意義について解説する.海岸漂着海鳥調査は,一定距離の海岸を歩き,海岸に打ち上げられた海鳥の死体などを記録するという,簡便で市民が容易に参加できるモニタリング手法である.海上センサスは,調査船,商船やフェリーを用いて海鳥の洋上分布や行動についての調査するモニタリング手法である.特にフェリーによる海上センサスは,双眼鏡などがあれば誰でも実施可能な調査であるため,海岸漂着海鳥調査と同様に専門家でない市民でも実施可能なモニタリング手法の一つと言える.現在,海鳥がとくに頻繁に利用する海域(海鳥重要生息地)を特定する試みが世界中で進んでいる.海上センサスは,この海鳥重要生息地の特定において重要な情報を提供する.継続的な海岸漂着海鳥調査は,特定された海鳥の重要生息地において油汚染や海鳥の混獲などが発生していないかを継続的に監視する役割を担う.海岸漂着海鳥調査や海上センサスなどの市民参加型の調査が広く普及し,各地で定期的に,継続的に実施されることが期待される.

Seabird populations, important components of the marine ecosystem, are decreasing due to human activity impacting the oceans. In order to conserve seabirds, it is essential to conduct monitoring studies of seabirds and to understand how factors affect the dynamics of their populations and their breeding success. Here we introduce methods of seabird monitoring on beaches and oceans, including beached bird surveys and ferry censuses, and explain their fundamental significance for monitoring studies. In beached bird surveys, researchers record the carcasses of seabirds found while walking along a certain length of beach. Citizens interested in seabird conservation can easily conduct such surveys and contribute to continuous monitoring studies. During censuses from ferries, researchers count the seabirds resting on the sea surface or flying from the vessel and record their behavior. Research vessels, trading ships and ferries can all be used for such censuses. Censuses from ferries are feasible for amateur birdwatchers with binoculars. Seabird researchers aim to identify "Marine Important Bird Areas (Marine IBA)", areas and habitat seabirds use frequently. Ferry censuses can provide important information to detect Marine IBA. Beached bird surveys conducted by amateur birdwatchers play an important role in providing information on the occurrence of oil spills and bycatch in Marine IBA. Beached bird surveys and ferry censuses conducted by amateur birdwatchers are expected to be extended and carried out at many sites continuously.

収録刊行物

  • 日本鳥学会誌 = Japanese journal of ornithology

    日本鳥学会誌 = Japanese journal of ornithology 60(1), 12-18, 2011-04-28

    日本鳥学会

参考文献:  42件中 1-42件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10029859740
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10314294
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913400X
  • NDL 記事登録ID
    11122990
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-866
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ