「強いつながり」と「弱いつながり」のSNS : 個人情報の開示と対人関係の比較 The "Strong-tied" SNS and "Weak-tied" SNS : A Comparison Regarding the Disclosure of Personal Information and Personal Relationships

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

5つのSNSサービス (Facebook、mixi、モバゲータウン、グリー、Twitter) について、個人情報の開示が利用にどのような影響を与えているのかという視点から分析をおこなった。その結果、既知の友だちが多く個人情報の開示度が高い「強いつながりのSNS」 (Facebook、mixi) と、既知の友だちが少なく個人情報の開示度が低い「弱いつながりのSNS」 (モバゲー、グリー、Twitter) に分かれることが確認された。「強いつながりのSNS」は既知の対人関係、「弱いつながりのSNS」はネット上の対人関係と結びついていた。個人情報のうち属性情報の開示はSNSの利用頻度や友だちの数と有意な相関があったが、識別情報の開示は、既知の友だちの数のみに有意な相関があった。コミュニケーション不安やプライバシー意識とSNS利用の間には有意な関連はみられなかった。

This study compares five Social Networking Services (Facebook, mixi, mobage, Gree, and Twitter) in light of the influences of disclosure of personal information on use patterns. Results indicate that SNSs can be classified into two different types, "strong-tied" SNS and "weak-tied" SNS. Users who disclose more personal identification information are more likely to connect with real world friends, but are less likely to use SNS and make SNS-based relationships. A weak-tied SNS promotes communications only via SNS, while a strong-tied SNS promotes communications with those who are connected in the real world. Disclosure of personal characteristic information is significantly correlated with SNS use and the number of friends, while its counterpart of personal identification information is significantly correlated only with the number of off-line friends. No significant correlation was found between psychological factors and the choice of SNS.

収録刊行物

  • 情報通信学会誌

    情報通信学会誌 29(3), 25-36, 2011-12-25

    公益財団法人 情報通信学会

参考文献:  28件中 1-28件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030178030
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10063944
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02894513
  • NDL 記事登録ID
    023432174
  • NDL 請求記号
    Z6-1801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ