なぜウェブで炎上が発生するのか : 日本のウェブ文化を手がかりとして Why does "Enjyo" happen on the Web? : An Examination based on Japanese Web Culture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論ではウェブで炎上がなぜ起こるのかという問題を日本のウェブ文化の観点から明らかにする。炎上とはブログ、ミクシィ、ツイッターなどに投稿されたメッセージの内容に対して、批判や非難が巻き起こる現象を指し、ブログの普及以後、たびたび発生している。それに伴い、炎上に対する社会的な認知も高まり、新聞、雑誌、ニュースサイトなどで言及が行われている。しかし、学術的なアプローチをとった考察は今のところ多くはなく、考察の余地も残されている。<br>本論ではまず炎上の事例を歴史的に整理する。次いで、先行研究への言及をかねてフレーミング現象との比較検討を行う。この作業を通じてフレーミングと炎上の違いを示したうえで、電子掲示板2ちゃんねるの文化と、若年層が担う携帯電話の文化の両面から炎上が起こる理由の説明を行っていく。そして最後に、炎上とは対極に位置するように見えるウェブと公共性に関する考察を展開していく。

This article is an attempt to consider "Enjo" which happens on Japanese Websites. "Enjo" is the act of blaming and criticizing writings on a Weblog, Social Networking Service or Twitter. This has occurred frequently since Weblogs became popular in Japan. At such times, many reports of this phenomenon appear in the popular media: newspapers, magazines, portal sites and so on. However, there are few discussions of "Enjo" in academic articles. Therefore, I will explain why it takes place using a social science approach. First, I refer to previous research which was conducted within Computer Mediated Communication studies. Second, I discuss the causes of "Enjo" by explaining aspects of Japanese Web culture: one is "2-Channel" and the other is adolescent's mobile communication. Finally, drawing on my discussion of "Enjo", I argue that the Web is an open public space which makes such phenomena possible.

収録刊行物

  • 情報通信学会誌

    情報通信学会誌 29(4), 61-71, 2012-03-25

    公益財団法人 情報通信学会

参考文献:  39件中 1-39件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030518319
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10063944
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02894513
  • NDL 記事登録ID
    023654760
  • NDL 請求記号
    Z6-1801
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ