レッサーパンダ (Ailurus fulgens) の進化的由来 Evolutionary origin of the red panda (Ailurus fulgens)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

レッサーパンダ<i>Ailurus fulgens</i>はジャイアントパンダと共に食肉目Carnivoraの中で高度な草食適応を果たした種である.1825年の分類学的記載以来,約190年もの間,他の食肉類との進化的類縁関係は謎であった.本総説ではレッサーパンダの進化的由来に関するこれまでの分子系統学的研究を振り返り最新の知見を提供する.近年の主に核遺伝子を利用した分子系統学的研究においては,レッサーパンダはイタチ上科Musteloideaの主要な系統であり,イタチ科Mustelidaeとアライグマ科Procyonidaeから構成される系統に近縁であることが強く支持されている.また,分岐年代推定によりレッサーパンダの系統の起源は約3,000万年前にあると推定された.さらに生物地理学的解析により,その起源はアジアにあることが示唆された.レッサーパンダの系統分化は始新世から漸新世にかけての大規模な地球環境変動の影響を受けたと考えられる.<br>

The red (or lesser) panda, <i>Ailurus fulgens</i> (Ailuridae), is a vegetarian species in the order Carnivora (meaning "flesh-eating"). Owing to the primitive and highly specialized morphological characteristics of this species, resolution of its systematic status has been a riddle in evolutionary studies for almost two centuries. In this review, we provide information about recent progress in molecular phylogenetic studies and also guide readers to the current knowledge on the evolutionary origin of this species. Recent and ongoing multi-locus phylogenetic analyses on nuclear DNA sequences have solved the long-standing controversy, providing a well-supported hypothesis that the red panda is the closest living relative of the raccoon (Procyonidae) and weasel (Mustelidae) families to the exclusion of the skunk (Mephitidae) family. Molecular dating and biogeographical analyses have indicated that the origin of the red panda lineage was almost 30 million years ago in Asia. These molecular results are in harmony with palaeontological evidence.<br>

収録刊行物

  • 哺乳類科学

    哺乳類科学 52(1), 23-40, 2012-06-30

    The Mammal Society of Japan

参考文献:  98件中 1-98件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030834258
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00231656
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0385437X
  • NDL 記事登録ID
    023886293
  • NDL 請求記号
    Z18-1160
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ