若齢肉用鶏群における鶏アデノウイルス感染による筋胃びらんの発生および再現試験 Gizzard Erosion in Young Broiler Chicks by Fowl Adenovirus Serotype 1 Infection

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

斃死を伴う2-3週齢肉用鶏での鶏アデノウイルス(FAV)血清型1による筋胃びらんの発生事例に遭遇した。農場の4鶏舎のうち、1鶏舎のみで発生した。死亡雛の剖検において、筋胃内重度出血が全例に認められた。血清疫学調査から、周辺農場でのFAVによる汚染率は遠隔農場でのそれより高いことが確認された。当該事例から分離されたFAV血清型1および食鳥処理場材料から分離されたFAV血清型1を用い、移行抗体保有肉用鶏雛での実験感染を試みたところ、移行抗体の高低に関わらず、両FAV感染による筋胃びらんが再現され、両株とも同程度の病原性を示した。臨床的に気付かれない、若齢でのFAV感染による筋胃びらんが野外で発生している可能性がある。

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 60(9), 639-644, 2007-09-20 

    日本獸医師会

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10031130215
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    8947125
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ