若齢肉用鶏群における鶏アデノウイルス感染による筋胃びらんの発生および再現試験  [in Japanese] Gizzard Erosion in Young Broiler Chicks by Fowl Adenovirus Serotype 1 Infection  [in Japanese]

Abstract

斃死を伴う2-3週齢肉用鶏での鶏アデノウイルス(FAV)血清型1による筋胃びらんの発生事例に遭遇した。農場の4鶏舎のうち、1鶏舎のみで発生した。死亡雛の剖検において、筋胃内重度出血が全例に認められた。血清疫学調査から、周辺農場でのFAVによる汚染率は遠隔農場でのそれより高いことが確認された。当該事例から分離されたFAV血清型1および食鳥処理場材料から分離されたFAV血清型1を用い、移行抗体保有肉用鶏雛での実験感染を試みたところ、移行抗体の高低に関わらず、両FAV感染による筋胃びらんが再現され、両株とも同程度の病原性を示した。臨床的に気付かれない、若齢でのFAV感染による筋胃びらんが野外で発生している可能性がある。

Journal

Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

Journal of the Japan Veterinary Medical Association 60(9), 639-644, 2007-09-20 

日本獸医師会

References:  18

You must have a user ID to see the references.If you already have a user ID, please click "Login" to access the info.New users can click "Sign Up" to register for an user ID.

Cited by:  1

You must have a user ID to see the cited references.If you already have a user ID, please click "Login" to access the info.New users can click "Sign Up" to register for an user ID.

Codes

  • NII Article ID (NAID) :
    10031130215
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID) :
    AN00191857
  • Text Lang :
    JPN
  • Article Type :
    Part of a Book
  • ISSN :
    04466454
  • NDL Article ID :
    8947125
  • NDL Source Classification :
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL Call No. :
    Z18-352
  • Databases :
    CJP  CJPref  NDL  IR 

Share