学術資源リポジトリにおける Lightweight Information Describing Object (LIDO) の検討 A study of Lightweight Information Describing Object (LIDO) in Academic Resource Repository

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 文献資料およびモノ資料を含む学術資料の共有化を目的とした学術資源リポジトリ構想がある.これまでにDublin Core Metadata Element Setを拡張し,学術資源情報の記述を実現してきたが,ハーベスティング時の情報欠落に課題があった.一方,国外では博物館資料を対象とした国際的なハーベスティング・スキーマLIDOへの注目が高まっている.本稿では,学術資源リポジトリにおけるLIDO の可能性を検討する.

 We are aiming to share bibliographic materials and non-bibliographic materials by using a qualified Dublin Core metadata on repository system named Academic Resource Repository. However, there is an information lack problem in OAI metadata harvesting via oai_dc.On the other hand, it is growing interest in LIDO (Lightweight Information Describing Object) that is an international harvesting schema for museum object recently. In this paper, we study about the potentiality of LIDO in Academic Resource Repository.

収録刊行物

  • 情報知識学会誌

    情報知識学会誌 23(2), 292-297, 2013-05-25

    情報知識学会 Japan Society of Information and Knowledge

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10031173604
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10459774
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09171436
  • NDL 記事登録ID
    024764537
  • NDL 請求記号
    Z14-1782
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ