タッチデバイスにおけるボタン式UIからジェスチャ操作への脱却 Break Away from Button-UI to Gesture Operation on Touch Device

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年,スマートフォンやタブレット端末を代表としてタッチデバイスの普及が進み,アプリケーション市場も拡大し続けている.市場に出回っているアプリケーションは,その操作方法としてボタン式のユーザインタフェイス(UI)を設置しているものが多くを占めている.タッチデバイスにおいてボタン式UIは視覚的に解りやすく,十分な大きさを取れば操作ミスのリスクも低いので人気の高い操作方法である.より多くの機能を呼び出したい場合にボタン式UIを用いる場合は,ボタン自体を小さく設計するか,ボタンを設置する領域を大きく設計する,或いはその両方が取られる.ボタンを設置する領域を大きく設計する場合,複数ページに渡りボタンを設置する方法を取る場合もあるが,いずれにせよ操作ミスの発生率の上昇,表示領域の縮小,操作の煩雑化といった事により,ユーザエクスペリエンス(UX)の低下が引き起こされる.iOS向けのブラウザアプリケーションLibingでは,そういった多彩な操作を実現することによる弊害を回避するため,一切ボタン式UIを用いずジェスチャによって操作を行うことで,多彩な操作と精度を保ちつつ,表示領域を最大に維持することに成功した.ジェスチャによる操作を採用する場合,ユーザがジェスチャに対応する操作を覚えなければならないという課題があるが,Libingではユーザがジェスチャを自由に設定できる実装を行い,これを克服した.

A web browser application for iOS, Libing, proposes a solution to resolve the problems of complicated button-based user interface (UI). The authors implement a gesture-based UI in Libing to realize simple and plentiful operations. Libing also keeps available display area maximum. Users can memorize correspondence between gestures and operations easily because users can assign arbitrary gestures to any operations and/or URLs flexibly in Libing. Touch-input-devices as typified by smartphones and tablet PCs have become popular recently. The market of these application programs has grown continuously. The most application programs are operated by the button-based UI. We can understand it visually. And the button-based UI is popular because we do not have incorrect operations when buttons are sufficiently large. However if we want to assign a lot of functions to buttons, we have to prepare many small buttons and/or a large area on which we place many buttons. We might have to divide the area to several pages to place all buttons. At least the user experience will be compromised because users have a lot of incorrect operations, available display area is compromised and operations become to be complicated. This study gives a solution to these problems which compromise the user experience.

収録刊行物

  • コンピュータソフトウェア

    コンピュータソフトウェア 30(4), 36-44, 2013-10-25

    Japan Society for Software Science and Technology

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10031196716
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10075819
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02896540
  • NDL 記事登録ID
    024965266
  • NDL 請求記号
    Z14-1033
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ