左利き者の言語中枢について(第一報) : 文献的考察 Cerebral Speech Center in Left-Handers : Review of Literatures

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

左利き(者)の大脳半球言語中枢の側・部位・症状などについては従来種々の意見があるが,近年CT,MRIの出現によりかなり明確となってきた,今回これらについて文献的考察を行った。左利き(者)の診断は,坂野の5項目を点数化した方法が簡便であり,その頻度は,民族に関わらず約10%と考えられる。利き手と大脳優位性(側性化)の関係は,右利きでは左半球が95〜96%,右半球が4〜5%と圧倒的に左半球が主で,また左利きでは左半球が61〜70%,右半球が15〜19%,両半球が15〜20%と多彩であった。また左利き(者)では失語症の発現率は,右利き(者)より一般的に高く,重度者は少なく予後も良好とする報告が多いが,異論もある。近年リハビリでの言語療法の重要性が増し,さらにCT・MRIの出現により左利き患者の失語症・高次脳機能障害の責任病巣の所在の追求・研究が発展している。左利きに対する親や社会の認識も改善され,以前ほど無理な利き手矯正は少なくなったが,その是非についてもなお種々の意見がある。

収録刊行物

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000035645
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11322139
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13428209
  • NDL 記事登録ID
    5593156
  • NDL 雑誌分類
    ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z19-1313
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ