<論文>家族との接触が性格形成に与える影響について : 三世代同居家族における特徴 <Theses>The Effects of Interaction in the Family on Personality Development : With Reference to Three-generation Families

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本研究の目的は,家族における接触の程度が子どもの性格形成に影響を与えるという仮説を実証することと,実際にどのような関係があるのかということについて明らかにすることにあった。この目的のために,三世代同居家族の245名の小学生を対象に,1)性格特性について,2)家族への親和度について,そして3)13場面における接触の実際について,という項目について調査した。その結果,よく接触している群とそうでない群との間には,性格特性や家族への親和の程度において差が見られたことから,接触の程度が子どもの性格形成に影響を与えることが実証された。

The purpose of the present study is to verify a hypothesis that the situation of interaction influences personality development and to make clear what kinds of interaction there are in the family. We conducted an investigation into 1) personality traits 2) fellowship (or companionship) of family and 3) interaction in 13-family life situations with 245 elementary school children who live in three-generation families. The results of comparing good-with poor-interaction group showed that the interaction in the family influenced the personality traits and fellowship (or companionship). We can therefore conclude that the hypothesis proposed in this study carries validity.

収録刊行物

  • 聖霊女子短期大学紀要

    聖霊女子短期大学紀要 22, 32-39, 1994-03-31

    聖霊女子短期大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000190312
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00130466
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0286844X
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ