<原著>暗算作業量に対するカフェインの効果 第2報 Study on the Effects of Caffeine by Using Instant Coffee under Double-Blind Method (II)

この論文をさがす

著者

抄録

インスタントコーヒーを用い,暗算作業量を指標としてカフェインの精神運動刺激作用をみる実験を行った。1.暗算作業検査を繰り返し行うと,その作業量の伸びは徐々に鈍ってくるが,カフェイン飲用によってこの傾向は軽減される。この効果は安定しており,少なくとも30分は持続する。2.上記のクレペリンテストにおけるカフェインの効果は,被験者の暗算作業能力や学習能力において,それぞれ高い能力を持つ被験者に,より有効に作用することが示された。これらの結果より,カフェインの中枢作用について考察を行った。

The effects of caffeine, as a psychomotor stimulant, were investigated on arithmetic performance by using the instant coffee. 1. Caffeine improved the gradual decrease in the rate of enhancement on the number of the right answers. This effect of caffeine continued at least for 30min. 2. The subjects with high ability in Kraepelin's test on the speed of arithmetic calculation and the learning effects were more sensitive to caffeine than those with low ability. From these results, the central action of caffeine was discussed.

収録刊行物

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000191919
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00142705
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    03877272
  • データ提供元
    NII-ELS  IR 
ページトップへ