「さきがけ」で観測された磁場データの一次処理法 : 惑星間空間磁場と磁気バイアス・磁気オフセットの分離 Evaluation of Offset Components in SAKIGAKE Magnetic Field Data

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

惑星間空間探査機「さきがけ」によって観測された磁場データの一次処理方法について述べる。探査機本体による干渉磁場(磁気バイアス)を,機体中心に置いた磁気双極子の作る磁場で近似し,磁力計出力のスピン変調を利用することによって,磁気バイアスのスピン変動成分をセンサーオフセットと磁気バイアスの固定成分から分離して求めることができる。磁気バイアスのスピン面内の成分の大きさは機体から約2m離れた磁気センサー位置で2-4nTであり,太陽からの距離の2乗に反比例していた。これは干渉磁場の大きさが太陽光強度に比例していることを表し,磁気バイアスが太陽電池パネルに流れる電流に起因することを示している。磁気バイアスの等価磁気双極子の方向は,スピン面内では太陽方向に対しほぼ75度夕方向きであった。磁気バイアスのz成分は,センサーオフセットから完全に分離することはできないが,両者合わせたものを実用上の「オフセット」として観測値からまとめて差し引くので,一次処理の上では支障はない。実用上のオワセットの値はx, zセンサーは-15-0nT, y センサーは-8-0nT の範囲にあった。実際に求められたオフセットを見ると,オフセット x, y 成分への磁気バイアス z 成分の混入は無視できるほど小さいことがわかる。

Artificial components that contaminate interplanetary magnetic field data are evaluated by using spin-modulation of magnetic field data obtained by Sakigake at 0.8-1.2 A. U. from the Sun. Interference from artificial magnetic field induced by currents flowing on the body of spacecraft is well reproduced by an equivalent magnetic dipole. X-and y-components of the dipole field are separable from those of sensor offsets, where x-and y-directions are perpendicular to the spin axis of the spacecraft. The magnitude of the dipole field component perpendicular to the spin axis is 2-4nT at the sensor of the magnetometer located at 2m from the body of spacecraft, and is proportional to inverse square of the distance from the Sun. Direction of the equivalent dipole was approximately in the y-direction of the SE coordinate system, deviating by 75 degees from the direction toward the Sun. Z-component of the interference field is not separable from the sensor offset, but sum of the interference and the sensor-offset is calculated by using Davis-Smith method and subtracted from output of the magnetometer, leaving no problem in producing interplanetary magnetic field data. The practical 'offset' components vary from-15 to 0nT for x-and z-sensor, and-8 to 0nT for y-sensor depending on the solar distance that gives a measure of the temperature of the magnetometer.

収録刊行物

  • 宇宙科学研究所報告

    宇宙科学研究所報告 93, 1-35, 1997-03

    宇宙航空研究開発機構

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000222547
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354474
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    02852853
  • NDL 記事登録ID
    4183418
  • NDL 雑誌分類
    ZM33(科学技術--宇宙科学)
  • NDL 請求記号
    Z15-409
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ