情報の取引に関する法体系についての考察 : 情報の法と経済学の構築に向けて A Study on Laws Regulating Markets for Information Goods : Toward Construction of "Information Law and Economics"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

民法は,物質の取引を中心にした法体系であり,知的財産法も生産者間での情報の取引を律するに過ぎない.つまり,現行法は,生産者と消費者の間での情報の取引をほとんど無視しているのである.このような法体系の問題点は,複製技術の未発達により情報が媒体である物質に閉じ込められていた時代には顕在化しなかったが,複製技術の発達により情報が媒体である物質から解放されることにより明らかとなりつつある.物質と情報の取引に関する統一的な法体系が求められているのである.また,知的財産権の強化は,独占化とギャンブル経済化につながるのものであり,その危険性を考慮に入れた情報の取引に関する法体系が望まれる.

The Civil Law regulates mainly markets for material goods and the Intellectual Property Law regulates only producer markets for information goods. In other words, consumer markets for information goods are not taken into sufficient consideration under the present legal system. This problem was latent when information was firmly combined with material media on account of undeveloped reproduction technologies. But now, information is untying from material media on account of developed reproduction technologies, so that we are becoming conscious of this problem. As a result, we shall need the unified law regulating markets for material goods and information goods. When we design laws regulating markets for infomation goods,we should consider the risk that strengthening of intellectual property rights causes monopoly and gambling markets.

収録刊行物

  • 学術情報センター紀要

    学術情報センター紀要 12, 163-187, 2000-03

    国立情報学研究所

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000466468
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10015340
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    09135022
  • NDL 記事登録ID
    5457318
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館) // ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL 請求記号
    Z21-1585
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ