多すぎる漢字・漢語にどう応えるか How to Cope with the Plethora of Chinese Character and Words

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アルファベットによってことばを表記している国ぐにでは、表記法の問題は前世紀の終りごろまでにだいたい片付いているが、日本では今にいたっても、ときどきまだ大きな変化が起こっている。そしてそのほとんどが、実は漢字の借用に始まる、おおよそ1500年にも及ぶ問題の細部の表明である。 本稿ではこの漢字の問題を、主権在民の情報化社会の立場に立って、日本語の側から展望した論説である。

Japanese language does not have truly viable orthography even today, and the guidelines for the writing system has already seen several major shifts within this century. The major problem stems from the way to cope with the plethora of Chinese characters and words originally adopted some 1500 years ago from Chinese, which is an altogether different language from Japanese. This note is a discourse on how to organize the usage of Chinese characters so that the writing system will be able to maximize the sum total of the reading and writing ability of the population in the information oriented society of Japan.

収録刊行物

  • 学術情報センター紀要

    学術情報センター紀要 6, 249-290, 1994-03-28

    国立情報学研究所

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000466593
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10015340
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    09135022
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ