アゾ化合物,4,6-ビスフェニルアゾレゾルシノール (4,6-Bis) の分解微生物の探索 Screening for 4,6-bisphenylazoresorcinol (4,6-Bis) degrading microorganisms

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

富山県内の土壌,下水処理場の活性汚泥,及び生物工学研究センター保存菌株(TPU)よりアゾ化合物である4,6-ビスフェニルアゾレゾルシノール(4,6-Bis)の分解微生物の探索を行った。その結果,好気条件である振とう培養,及びTPUからのスクリーニングにおいては4,6-Bisに由来する褐色を脱色する活性を示す株は一株も得られなかったが,静置培養では脱色活性を有する微生物8株を得た。この内,5株(No.1∿No.5)は活性の発現に液体培地への流動パラフィンの重層や絶対嫌気条件のガスパック中での平板培養を必要としたのに対し,残りの3株(No.201∿No.203)は活性発現にこのような厳密な嫌気性での培養を必要としなかった。また,No.201∿No.203の3株は培地中の4,6-Bis (0.002%)を10日間の静置培養により完全に脱色した。4,6-Bisが分解された培養液をHPLCにより分析した結果,アゾ基の還元的開裂により生成すると予想される4,6-ジアミノレゾルシノール(DAR)は検出されなかった。

We screened for 4,6-bisphenylazoresorcinol (4,6-Bis) degrading activity among a number of microorganisms from soil and active sludge samples and found that 8 strains have the 4,6-Bis degrading activity. Of these strains, 5 strains (No.1∿No.5) showed the 4,6-Bis degrading activity only under the strict anaerobic condition by using static liquid culture with liquid paraffin or agar plate in an anaerobic system Gaspack. On the other hand, 3 strains (No.201∿No.203) could degrade 4,6-Bis in the static culture without liquid paraffin or plate culture without Gaspack. The strains (No.201∿No.203) could well decolorize the culture medium containing 4,6-Bis in 10 days, however, 4,6-diaminoresorcinol, one of the possible degradation products could not be detected by HPLC analyses.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 10, 96-102, 2000-03-31

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000477636
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    5426693
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ