県立大学の環境影響に対する学生の認識と評価 Students' perception and evaluation of environmental impacts caused by the activities in Toyama Prefectural University

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

県立大学生の大学の環境影響への認識,現状評価,ISO14001の認識度を明らかにする事を目的として,工学部二年生を対象としてアンケート調査を実施した。その結果,県立大学の大きな環境影響としてあげられた項目は,廃棄物(38.9%)が最も多く,ついでエネルギー消費(25.4%),資源消費(17.4%),自動車利用(8.3%),土地利用(3.9%)であった。現状の「廃棄物対策」を評価する意見が比較的多い(39.7%)が,省エネルギー・省資源,環境教育では現状の不備を指摘する意見が多かった。ISO14001に対する現状の認知度は17%と低い。大学のISO14001認証取得の是非に対しては「わからない」と意見を保留するものが65%と多いが,残り35%中8割が「取得すべき」と応え,取得の意義を明らかにすることにより学生も含めた環境管理システムの構築が可能であることが示唆された。

A guestionnaire survey has been conducted to clarify students' perception and evaluation of environmental impacts caused by the activities in Toyama Prefectural University. The significant environmental impacts mentioned are waste problems (38.9%), followed by energy consumption (25.4%), resources consumption (17.4%), automobile use (8.3%), and land use (3.9%). Of the countermeasures for environment protection, 39.7% of the students evaluate the present waste management system affirmatively. However, saving of energy and resources is thought to be insufficient. Only 17% of them have some knowledge on ISO14001. Although 65% do not have answers to the question on adivisability of our university' acquisition of ISO14001,80% of those who have answers admit its significance. These results suggest that introduction of environmental management system to our university is feasible once students understand the significance of this system.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 10, 130-137, 2000-03-31

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000477637
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    5426837
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ