生得論から見た文化の普遍性と多様性 : 認知文化人類学の試み Deep Universality and Surface Diversity of Culture and Language : An Approach from Cognitive Anthropology

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

チョムスキー(Chomsky, Norm)は,「普遍文法」(Universal Grammar, UG)において,言語の生得性を主張し,現代認知科学の扉を開いたが,ユング(Jung, C. G.)は,「集合的無意識」(Collective Unconscious, CU)によって,心理学の分野でほぼ同じ内容の生得論を発展させていた。両概念は,基本的にほぼ同一と言ってよく,そのため言語の普遍性と多様性を説明するUGの手法は,文化の普遍性と多様性を説明するCUにも有効であると期待できる。ここでは普遍文法で想定されている「パラメータ」を集合的無意識に応用し,河合隼雄の「父性原理」と「母性原理」を「文化のパラメータ」の具体例として扱い,文化的差異の統合的派生を試みる。この試みは,文化人類学を認知科学の一部として再解釈することであり,両者を結び付けた新たな統合的学問領域,認知文化人類学を予知するものである。

It has never been pointed out that Universal Grammar (Chomsky, 1957,1986,1995) and Collective Unconscious (Jung, 1936) share essentially the same idea about language and culture, i.e., they are innate properties of humans. If this is correct, we expect that apparatus that accounts for universality and diversity of languages in Generative Grammar could also be used effectively to account for universality and diversity of cultures. In this study, I would like to interpret Kawai's (1976) Masculine Principle and Feminine Principle as "parameterized" Archetypes of Collective Unconscious, thereby unifying the two approaches of language and mind. This study indicates that anthropology can be a part of cognitive science in general.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 11, 6-14, 2001-03-30

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000477639
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    5808487
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ