多相交流放電を応用した磁場付加型高効率平面光源の研究開発 Study of Flat Light Source Based on Poly-Phase AC Discharge in Multi-Pole Magnetic Field

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

位相が制御・調整された多相交流電源,分割電極および多極磁場を利用した新しいタイプの薄型平面状照明用光源が試作・研究されている。平面状光源をデザインする何が要素技術であるかが考察され,多極磁場の着磁ピッチが最も基本となる要素であることが示されている。着磁ピッチ幅が小さいと磁場はシート状磁石表面近傍からあまり拡がらない。平面状光源の厚さは放電プラズマ・発光が閉じ込められる多極磁場の拡がりで決まると考えると,着磁ピッチと磁石の強さで発光層の薄さを調整できる。平面光源用として小型化が可能なインバータ式四相交流電源がデザイン・試作・試験されている。外形100mm角で厚さ8mmの40電極・40極磁場シート付き平面状光源がデザイン・試作されて,窓無し状態のままの試作機が放電ガスで満たされた真空室にセットされ放電実験が行なわれている。電極基板一杯に拡がった厚さ1mm程度の放電プラズマ・発光が観察されている。

A proto-type flat light source is designed and made experimentally, which is based on light emission from a discharge/plasma generated by a poly-phase ac electric power source in a multi-pole magnetic field. The most basic point to be considered is a pitch length of the multi-pole magnetic field, because the magnetic field distribution is mainly determined by the pitch. When the pitch is small, the magnetic filed dumps rapidly leaving from the surface of the magnetic sheet. On the other hand, for a large pitch, the magnetic field reaches far from the surface. We can control a thickness of a light emission layer by changing the pitch, since a discharge/plasma contributing to light emission depends strongly on the filed distribution. A four-phase ac power source is designed on the bases of a normal inverter circuit and made experimentally. The power source supplies electricity to a real flat type light source without a glass window and a discharge/plasma and a light emission is observed over the surface of the ceramic substrate on which 40 electrodes are installed.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 11, 40-46, 2001-03-30

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000477640
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    5808614
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ