マグネシウム合金押出し加工におけるダイス構造の研究 Effects of die structures on magnesium alloy extrusions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

マグネシウム合金の押出し加工においては, 押出し方向に垂直な方向に割れが発生しやすく, これが押出し加工における生産性と品質を阻害する要因となっている。そこで, 最も効果が期待できるダイス, すなわちダイスベアリングの導入部にRをつけたダイス, ベアリング角度をブレーキ側に設定したダイスについて検討した結果, その有効性が確認された。また, 効果が確認されたダイスを用いて, 低アルミ, 低亜鉛の試作合金を工業的規模で押出し加工した結果, 高速押出し加工が可能であることが明らかとなった。

In magnesium alloy extrusion it is well known that the surface cracks usually occurred at the vertical direction to the extrusion reduce the productivity. Then the several die structures which are the die has entrance R for the bearing, the die with the taper flow guide and the die with the taper brake bearing have investigated. Then it became clear that the die with the taper brake bearing is effective for improving the occurring of the surface cracks. So, we adopted the method at the practical industrial scale using the new magnesium alloy with low aluminum and zinc contents. Then on the magnesium extrusion, by using the method it became clear that we can extrude on the extremely high speed.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 12, 31-37, 2002-03-29

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000477646
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    6260422
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ