映像編集におけるカット点検出手法に関する研究 Research on the technique to detect cut points in editing video

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年のコンピュータの進歩により,より大量のデータを高速に処理する事が可能となった。また圧縮技術の進歩により映像を少ないデータで扱う事が可能となり,誰でも簡単に映像データをコンピュータ上で扱う事が可能となっている。本研究では,コンピュータ上で映像データの編集を行う際に重要となる,映像におけるカット点を膨大な映像データから検出する手法について述べる。具体的には,広く用いられているMPEG2符号化圧縮されたデータから,その符号中に含まれる特徴を直接用いる事でカット点を高速に検出する手法について示す。また,映像編集において従来のカット点の定義ではカットの途中で人物が登場するなどした場合に映像内容が把握できないといった問題点が生じる。これに対応するため,これまでに無い新しい概念として人物の出入りを考慮した「準カット点」を定義する。これを利用する事により映像の内容理解や編集が容易になる事を示す。さらにこの準カット点の自動検出手法について検討する。これらのカット点を組み合わせる事により,より映像編集が容易になる事を示す。

In recent years, progress of a computer enabled it to process a lot of data at high speed. Moreover, anyone is able to become possible to treat an image by few data by progress of compression technology, and to treat image data on a computer simply. In this research, in case video data is edited on a computer, the technique of detecting the cut points in videos, which become important is stated. The technique of detecting the feature included in the mark at high speed by using directly is first shown from the data which is widely used in the cutting point in image edit and by which MPEG2 compression was carried out. Moreover, when a person appears in the middle of a cut by the definition of the conventional cutting point in video edit, the problem that the contents of an image cannot be grasped arises. Since it corresponds to this, "semi-cut points" of having newly taken receipts and payments of a person into consideration is defined, and by using this shows that contents understanding and edit of an image become easy. Furthermore, the automatic detection technique of this semi-cut points is considered. By combining the above cut check appearance techniques shows that image edit becomes easy more.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 12, 38-46, 2002-03-29

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000477647
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    6260440
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ