植物起源のモノハロメタンとその生成機構 Monohalomethanes from higher plants and their formation mechanism

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

モノハロメタンは海洋および土壌圏から放出されているハロゲン化合物であるが,その起源,生成量,生合成機構および生理的意義は不明な点が多く残されている。モノハロメタンの一種である臭化メチルは土壌燻蒸剤として長く使用され,現在オゾン層破壊物質としてその使用が禁じられている。また塩化メチルは大量に対流圏に存在している。我々は,亜熱帯および温帯域の海洋沿岸に植生する植物さらにアブラナ科植物などの重要作物からのヨウ化メチル(CH_3I)の放出および同反応を触媒する酵素系を探索し,Raphanus sativus(カイワレ大根)やBrassica属植物に高いモノハロメタン生成能を見い出した。R. sativusのような農作物からのモノハロメタン生成は植物起源のモノハロメタンと大気環境との新しい局面を探る重要な手がかりを提供する。

About 50 higher plants including agricultural products and the trees and grass growing on the coastal areas were screened for S-adenosylmethionine (SAM) : halide ion methyltransferase (HMT) activity, which is responsible for the monohalomethne production from various organisms. We have found that the plants belonging to the family Brassicaceae, especially Raphanus sativus and some Brassica species, had high HMT activities. In addition, strong emission of methyl iodide (CH_3I) was detected from seedling blades of R. sativus grown in aquiculture containing potassium iodide; the emission level increases with increasing halide ion level. Given the ubiquitous distribution of halide ions in coastal soil, monohalomethanes production by terrestrial higher plants is likely a large source for atmospheric monohalomethanes.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 12, 54-60, 2002-03-29

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000477649
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    6260465
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ