ランドサットデータを用いた回帰式による都市域での土地利用面積比率推定法に関する研究 A study on application of estimation methods of land-use proportion in urban area by means of regression analysis of LANDSAT data

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ランドサットデータ等の衛星データによる土地被覆分類を行う場合,これまでの分類手法では特に都市域においては被覆分類の精度があまり高くならない傾向にある。これは都市域が均質な土地被覆を示す形態が少なく,1ピクセル内に複雑な被覆状況が混在するためと考えられている。本研究ではランドサットTMデータを用いた都市域での土地利用面積比率の推定手法について検討し,500mメッシュを区分とした区域の6種類の土地利用面積比率についてバンド値を説明変数とした回帰式での推計手法について検討を行った。重回帰式の結果について土地利用項目,地域別の特性を検討し,既存の土地被覆分類手法と比較し推定精度等を評価した。その結果,一戸建て面積等では回帰式による面積比率推定が可能なことを示し,周辺地域における面積比率推計を適用してその結果について精度等を検討した。

This study examined estimation methods of the land-use proportions in the urban area that used LANDSAT TM data and proposed regression analysis for 6 types of land-use proportions in area divided in 500m mesh, with band values as independent variables. It showed that the characteristic of this method and compared with conventional land covering classification method. A result shows that the estimation by regression analysis is possible in a residential area of detached-house and applied to cases of a few urban areas.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 12, 84-89, 2002-03-29

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000477652
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    6260500
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ