多変数の勾配系に対するエネルギー不等式を満たす 4 次の差分法 An Energy-Decreasing Difference Method of Fourth Order for Multidimensional Gradient Systems

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

n変数の勾配系に対して, エネルギー関数の値が時間の経過とともに減少することを保証するような4次の差分法を構成する。3変数の可積分勾配系に対してこの差分法を応用した結果は, 4次のRunge-Kutta法より誤差が小さく, 比較的大きな刻み幅でも数値解が厳密解と大きく異ならないことを示している。

An energy decreasing difference scheme for n-dimensional gradient systems is constructed that gives the fourth order of accuracy. Comparisons are made with the fourth order Runge-Kutta method.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 8, 10-16, 1998-03-27

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000477707
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    09167633
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ