調整池潅漑システムの計画手順について Planning Procedure for a Paddy Irrigation System Consisting of a Regulating Pond and Pipelines

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 広瀬 慎一 HIROSE Shinichi
    • 短期大学部農業技術学科 Section of Agricultural Engineering, Department of Agricultural Technology, College of Technology

抄録

「調整池潅漑システム」は,「調整池とパイプラインによる水田潅漑システム」を短く表現したものである。その目的は,(1)調整池により,幹・支線用水路の24時間通水と,末端圃場の短時間潅漑に基ずく集中的水需要の間の調整を行う。(2)調整池とパイプラインと圃場給水栓の三者の組み合わせにより,必要なときに容易に潅漑ができる,いわゆる自由度の高い潅漑を目指す。(3)地形勾配により生ずる,調整池と受益圃場との間の落差により,ポンプを用いない自然圧パイプライン潅漑を行うことである。調整池潅漑システムの計画は,4段階を経て行われる。第1段階として,受益面積を確定する。第2段階として,用水計画を策定して,施設計画の基礎となる地形調査を実施する。第3段階として,パイプラインと圃場給水栓の施設計画を行い,総合的かつ最終的に調整池の容量を決定する。第4段階として,日常,定期及び非常時の維持管理規定を根幹とした,維持管理計画を策定する。本論では,調整池潅漑システムの必要性と,その計画の4段階について詳述する。

This report offers a sketch of the planning procedure for a pond-regulated pipeline irrigation system, with a special focus on a practically feasible way of determining the capacity of a regulating pond. This system was developed in order to fill temporal gaps between supply and demand in paddy irrigation and has been introduced in many sloping areas on alluvial fans. As of the irrigation season of 1997,there are twelve of these systems in operation in Tonami Plain of Toyama, a typical alluvial fan, and one in Niigata, and four more of them are being planned in Toyama. The Shogawa regulating pond project, the first of this type, was undertaken back in 1974 by the Toyama prefectural government. Ever since then, the present author has been monitoring the water balances of several regulating ponds, the adaptability of field inlet valves and other aspects of this system, and has compiled quantities of basic data with a view to obtaining optimal criteria for designing this system. The planning procedure proposed below is based on the analyses of these data.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 8, 98-106, 1998-03-27

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000477709
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    09167633
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ