SOV の語順と「重い」付属移動現象 SOV Order and "Heavy" Pied-Piping

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

この論文では日本語などに見られるSOV(主語-目的語-動詞)の語順が,Linear Correspondence Axiom (Kayne, 1994)を取り入れた極小主義者理論(Chomsky, 1993,1995,1998)によってどのように派生されるかを検討する。そのためには,動詞(V^0)が基本生成位置からテンスの位置(I^0)の位置まで表層で移動する,と言う仮説を基に,「重い」付属移動(Pied-Piping)が必要であることを提唱する。具体的には,最初の動詞の移動により,VSOの語順が派生され,付属移動により動詞句が内部に動詞の移動の痕跡を含んだままIPに移動し,結果的にSOVの語順が派生されることになる。この主張の根拠として,SOVを基本語順とする言語では,I^0によってライセンスされた副詞句が目的語と動詞の間に現われることを挙げる。

The aim of this paper is to show how SOV order is derived from underlying SVO order within the framework of the Minimalist Program (Chomsky 1993,1995,1998) that incorporates Linear Correspondence Axiom (the LCA, Kayne 1994). I will argue that "heavy" Pied-Piping is necessary to derive the desired order under the assumption that V moves overtly to I in Japanese (Koizumi, 1995). More specifically, V moves to I for morphological incorporation which results in temporal VSO order (V+I [St_v O]), and the remnant of VP raises and adjoins to IP with the trace of V left inside ([S t_v O] V+I t_<vp>). A crucial piece of evidence for this claim comes from the fact that I^0 licensed adverbs appear between Obj and V.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 9, 38-44, 1999-03-29

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000477714
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    ENG
  • ISSN
    09167633
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ