富山県産キノコの生産する生理活性物質の探索 Screening for bioactive compounds from mushroom of Toyama prefecture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

新規神経疾患治療薬および予防薬の開発を目的として,富山県産キノコの生産する生理活性物質の探索を行った。活性物質探索源であるキノコは,大量培養を見据えて液体培養を行った。その結果,分離菌株153菌株中128菌株において液体培養を行うことができた。培養抽出液の活性評価は,ラット副腎髄質褐色PC12細胞を用いた神経突起誘導活性およびNGFによる神経突起誘導阻害活性を指標に行った。今回液体培養を行った128菌株の中には,目的とする活性を有する物質の存在は認められなかったが,4菌株の抽出液に細胞毒性が認められた。その中でも特に,クリタケns-11菌株抽出液による細胞毒性は,NGF添加により抑制されることが明らかとなった。これは本抽出液中に,NGFにより回避することのできる特定の細胞内シグナル伝達活性化機構の阻害物質が存在することを示唆するものである。

To develop remedies for various neuronal affections. 153 culture strains of mushrooms collected in Toyama Prefecture were screened for bioactive compounds inducing neurite outgrowth or inhibiting NGF-induced neurite outgrowth. Pure liquid cultures of 128 out of 153 strains were successfully carried out. The induction activity of neurite elongation and the inhibitory activity of NGF-induced neurite extension from rat pheochromocytoma PC12 cells were evaluated using BuOH extracts of the culture broth. Although none of the extracts of the culture solutions of these strains showed the intended activities, cytotoxic effects on PC12 cells were founded in the extracts from four strains. The cytotoxicity produced by a strain, Naematoloma sublateritium (Kuritake ns-11), was abrogated with the addition of nerve growth factor. This result suggested that the inhibitor of the signal transduction pathway relevant to cell growth factors such as epidermal growth factor or insulin is contained in the culture broth of the strain.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 9, 75-82, 1999-03-29

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000477715
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    09167633
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ