<原著>異なる運動実施時刻が脂肪燃焼に与える影響 <Original Paper>Effects of Differences of Exercise Time on Fat Combustion

この論文をさがす

著者

抄録

運動を行う時間帯の違いが脂肪燃焼に与える影響について明らかにすることを目的として検討を行った.1.静脈血および指頭血の血中遊離脂肪酸(FFA)濃度の関係について被験者は, 健康な一般成人女性20名(平均年齢21.7±0.9歳)とした.早朝空腹時, 座位安静状態において静脈血, 指頭血の順に採血を行い, 血中FFA濃度を測定した.全被験者の静脈血FFAおよび指頭血FFAの間に有意な正の相関(r=0.813,p<0.001)が認められ, 血中FFA濃度の定量が指頭から採取した血液で可能であることが明らかとなった.2.空腹時および朝食・昼食摂取2時間後の運動中の呼吸商(RQ)および血液性状の変化被験者は, 健康な一般成人女性5名とした.運動は自転車エルゴメータを用い, 60%VO_<2max>の運動強度で30分間行った.運動実施時刻は, 空腹時9 : 00a.m.(空腹時運動群), 朝食摂取2時間後(朝食後運動群), および昼食摂取2時間後(昼食後運動群)の3回とした.運動中の酸素摂取量(V0_2), 呼吸商(RQ)を測定した.採血は安静時(0分), 運動開始20分後, 25分後, 30分後の計4回行い, 血糖値, 乳酸値, 血中FFA濃度を測定した.空腹時運動群のRQは運動開始20分値, 25分値がそれぞれo.83±0.13,0.84±0.12であり3詳聞で最も低値を示した.しかし, 運動開始30分後では昼食後運動群が空腹時運動群と同じ値となった.空腹時運動群の血中FFA濃度は運動中に増加傾向を示した.昼食後運動群の血中FFA濃度は安静時(0分)において朝食後運動群より低値であったが, 運動開始後増加し, 30分後には朝食後運動群より高値となった.以上の結果から, 空腹時, 朝食摂取2時間後, 昼食摂取2時間後の3条件において30分間運動を実施する場合, 昼食摂取2時間後における運動開始30分後に空腹時と同様に脂肪燃焼が亢進することが明らかとなった.

The purpose of this study was to determine the possibility of measuring free fatty acid (FFA) levels in blood samples from the fingertips and the effects of different exercise times on body fat combustion. Twenty healthy female college students participated in one study. Blood FFA levels in blood from the vein and fingertips showed a significant correlation, indicating that FFA can be measured in blood from the fingertips. In a second experiment, the subjects were five healthy female. Respiratory quotient (RQ), blood glucose, blood lactic acid and FFA were measured during exercise after fasting and two hours after breakfast and lunch. Fasting RQ were lower those two hours after breakfast and lunch. The RQ 30 minutes after initiation exercise after lunch was also low. FFA levels tended to increase after initiation of exercise after fasting and two hours after lunch. The findings indicated that fat combustion after 30 minutes of exercise is higher during fasting and two hours after lunch compared to two hours after breakfast.

収録刊行物

  • 川崎医療福祉学会誌

    川崎医療福祉学会誌 10(2), 341-345, 2000-12-25

    川崎医療福祉大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000478834
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10375470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09174605
  • NDL 記事登録ID
    5717496
  • NDL 雑誌分類
    ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障)
  • NDL 請求記号
    Z6-3791
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ