重症心身障害児のなかの『超重障児』に対するケアーシステムに関する研究 : 公立・法人立重症児施設での動向と岡山県での実態 A Study of the Services for "the Most Severely Mentally and Physically Handicapped " in Okayama and the Other Areas of Japan

この論文をさがす

著者

抄録

重症心身障害児のなかで, 呼吸管理等濃厚な医学管理が必要な, いわゆる「超重障児」に関する実態を全国レベルと旭川児童院で行い, 報告することとした.その結果, 地域医療のなかで重症心身障害児施設がこれら超重障児を積極的に受け入れる専門機関として年々充実し, 関係機関からも期待されていることが明らかとなった.しかし, これらを定着, 充実させるためには人的, 構造的, 経済的な条件整備が一層必要であり, そのためのいくつかの提言を行った.

This paper reports the present conditions of "the most severely mentally and physically handicapped" who need intensive medical care such as respiratory management at Asahigawa Jidoin Children's Hospital in comparison with the other corresponding centers all over Japan. The result shows that the existing "facilities for the severely mentally and physically handicapped" are expected to play an important role for those children within the framework of the community-based medical-welfare system. Finally, we propose that we need make a better arrangement of mandatory, structural and financial systems in order to make the above expectation possible.

収録刊行物

  • 川崎医療福祉学会誌

    川崎医療福祉学会誌 4(2), 59-67, 1994

    川崎医療福祉大学

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000479054
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10375470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    09174605
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS  IR 
ページトップへ